リンク

プロフィール

ニッコウテンチョウ

Author:ニッコウテンチョウ
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

雷門日興カウンター

ブログ内検索

QRコード

QRコード
益子町商工会事業
6月28日益子町商工会青年部さん主催で静岡県富士宮やきそば学会学長 渡邉英彦氏の講演会が行われました。講演会の前にB級御当地グルメで有名な富士宮やきそばが試食できました。
B級御当地グルメとは?
①安い
②うまい!
③地元では当たり前
地元では当たり前のようにあるものは、地元の人はなんとも思っていませんが、他の地域の方からみると一風変わってたりするものがあります。客観的に自分の地域を見つめなおす目を養いたいですね。

講演を聴いて感じたのが、メディアへの登場回数を増やすにはというところ。

〇はじめに言葉ありき
〇面白い、楽しいオヤジギャグの効用
〇美味しい、美味しくないではない。

オヤジギャグと聴きますと、まずイメージするのが、

す・べ・る んじゃないかってこと。

オヤジギャグがすべらないための秘訣は・・・

必ず「事業化」「商品化」すること。

おやじギャグを言葉だけでおわらさず実際の事とする。

そこに鍵があります。

例えば・・・

団体の名前もおやじギャグ

〇富士宮やきそば学会・・・・怪しい響きがいいそうです
〇八戸せんべい汁研究所・・・略して「じる研」これまた怪しい
〇十和田ばら焼きゼミナール・・・略して「ばらゼミ」
〇鳥取とうふちくわ総研・・・略して「とう総研」

名前だけでもかなりキャッチ能力がありますね。

やきそばを扱うお店を調査する調査員がいます。
やきそば調査員では平凡。

→やきそばG麺(ジーメン)・・・いい響きですね

やきそばの出張サービスについて

出張ではない、布教活動である

その活動のことをこういいます

〇MISSION 麺 POSSIBLE(ミッション メン ポシブル)

くだらないとおもうことを、真面目に推進していく。

そこにはしっかりとしたコンセプトが存在し、おやじギャグにより世の中にうまく発信する

まじめな日本人のウィークポイント・・・楽しい、おもしろいを創出するセンスが必要ですね。

たいへん面白い講演会でした。










スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE