リンク

プロフィール

ニッコウテンチョウ

Author:ニッコウテンチョウ
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

雷門日興カウンター

ブログ内検索

QRコード

QRコード
9月28日芳賀教育美術展の二次審査が久保講堂で開かれました。
各地域から審査員の先生10名程度来ていただき行いました。
総出展作品数は、7600点あまりで一次審査で1000点に絞られました。
私は、久保さんの流れをくむ最長老87歳の島崎先生を石橋駅に迎えにいきました。
7時58分到着予定なので、45分ぐらいに到着したら、もう島崎先生がいらっしゃいました。
1本前の電車で来ていたそうです。久保講堂へ向かう車の中で、久保さんにまつわるいろんなお話をさせていただきました。
 審査がいよいよはじまり、私は小学校低学年のお手伝いです、なぜかというと私の息子の作品が、なんと一次審査を通過していたのです。1年、2年と進み、いよいよ3年の番となりました。
 120点の中から、50点を選ぶ作業、ここで選ばれれば見事に入賞以上が確定です。
最初の50点の中に蒸すこの作品が登場!先生の目に留まれば入賞以上確定、密かに固唾を呑んで見守ります。
2名の先生でみていただいているのですが、一人の先生が、息子の作品に目を留めました・・・・・が、スルー!!まさか!!そんなはずは!!もう一人の先生に期待します、それは、島崎先生です。お迎えにいったんだから、その辺汲み取ってよって島崎先生は知らないか。
 右端に息子の作品があったので、さりげなく真ん中に移動、そうしたら・・・島崎先生が近づいてきました。じっと息子の作品をみて手を伸ばしました。ああ、やった!入賞だ!と思った途端、息子の作品の上の作品を救い上げました・・・・・・まさかの選外・・・密かにがっくり・・・・
 来年こそは絶対取ってやる!描くのは息子だけどね!
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE